薄毛治療は早くした方が良い

薄毛治療は早くした方が良い

抜け毛や薄毛で悩んでいる女性は10人に1人と言われています。特に女性の場合は「びまん性脱毛症」が殆どで、年齢に関係なく薄毛の状態が深刻になると言われています。びまん性脱毛症の特徴は特定部位がハゲるのではなくて、全体的にボリュームダウンして髪の毛が抜けていきます。ですから、ある程度進行した状態になるまで気づかない人もたくさん居るのも事実です。薄毛に悩む女性は20歳以上の方で全体の約40%の方が一生に一度はびまん性脱毛症を発症すると言われています。ですから、薄毛は何も男性だけの悩みでは無くて、女性の悩みでもあるのです。少し前までは女性の抜け毛や薄毛はそれほど深刻に考えられていませんでしたが、最近では若い女性の方にも薄毛の方が急増してきているので、クリニックも女性専門のクリニックなどもできてきました。

 

そこで、1つ疑問なのが「薄毛治療は早くした方が良い?」のかと言う事です。結論を言いますと、薄毛治療は早くにした方が治りが早いし、髪の毛の量が増えるのも多くなります。何の病気にしても早期発見の早期治療が命を救うのです。今の薄毛専門クリニックで行われている治療は、抜け毛を止めるだけではなく、発毛効果のある治療法になっています。ですから、市販の育毛剤なんかよりも何倍も効果のある治療になっていますので、少しでも抜け毛に不安を感じたら、一刻も早くクリニックに相談する事をおすすめします。

 

女性に多く見られる脱毛症の種類

びまん性脱毛症

女性の脱毛症で一番多いと言われているのがびまん性脱毛症です。瀰漫性脱毛症とは特定部位がハゲるのではなくて、髪の毛が全体的に薄くなる特徴があります。原因はさまざまで、最も考えられる原因は「ホルモンバランスの乱れ・ストレス・生活習慣病」等が挙げられます。ホルモンバランスが一度乱れてしまうと、自力では元に戻す事は難しいので、必ず専門のクリニックに相談するようにしましょう。

 

分娩後脱毛症

分娩後脱毛症とは、出産後にホルモンの分泌量が急激に低下して起こる脱毛症の事です。女性は妊娠をすると母体と胎児を守るために女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンの分泌量が急激に増えます。しかし、出産が終わると、正常値に戻ろうとする為、急激にホルモンの分泌量が低下して、正常値よりも下回ってしまう事があるのです。こうなると髪の毛に必要なエストロゲンが不足してしまうので髪の毛は抜け落ちてしまうのです。しかし、分娩後脱毛症の場合はある一定期間が経過すすると元に戻りますのでそこまで深刻に悩む必要はないでしょう。ただし、いつまでも抜け毛の量が減らない場合は薄毛専門のクリニックに相談するようにしましょう。

 

粃糠(ひこう)性脱毛症

粃糠性脱毛症とは、フケやほこりが毛穴を塞ぎ炎症を起こしてしまう事で起きる脱毛症の事です。フケの主な原因は皮脂の過剰分泌です。皮脂は偏った食生活が原因で過剰に分泌してしまいます。特に油っこい食事が好きな方や外食が多い方は要注意です。しかし、皮脂を除去する為に1日に何度もシャンプーをするのも頭皮に悪影響なのでやめておきましょう。シャンプーは1日1回が良いでしょう。

 

牽引性脱毛症

牽引性脱毛症は髪の毛をよく結ぶ方に多く見られます。ポニーテールなどの髪型が多い方は長時間髪の毛を引っ張った状態になるので、生え際や分け目の毛が良く抜けてしまいます。ですから、この世な場合は髪の毛をくくらずに居れば徐々に治ってきますので悩む事は無いでしょう。ただし、いつまでも抜け毛がとまらない場合はびまん性脱毛症などの疑いがあるので、薄毛治療専門のクリニックに相談するようにしましょう。

 

女性の薄毛や抜け毛の原因もいろいろありますが、自分の力だけで治す事ができるのは殆ど無理でしょう。ですから、状態が深刻になる前に専門のクリニックに相談する事をおすすめします。皮膚科などに相談する方も居ますが、皮膚科の場合は薬を処方してもらって終わりです。薄毛の原因なども細かく調べてくれないので、不安が残ってしまいます。また皮膚科などで処方してくれる薬のほとんどは発毛効果は無く、抜け毛を抑制させる効果のある薬です。ですから、薄毛専門のクリニックの方が抜け毛を止める効果と発毛効果の両方があるので女性にとっては嬉しいですね。どこの病院に相談するか迷ったら薄毛専門のクリニックに相談するようにしましょう。